2014年05月06日

嬉しい観察眼


楽しいGWも終わっちまったな〜。
まぁ、10qランニングの達成と
ビオの整理、カメの冬眠明けという
目標は達成出来たし満足か?
上野化学博物館も行ってきたし。

ただ、後半天気が崩れ、カメの
第2放牧場の作成が出来なかった
のが心残り。



最後に子供達が面白い物をくれた。

リビングでゴロゴロしてると
玄関で次男のパパ〜パパ〜っと叫ぶ声が…。
それに続いて長男もキタ〜!!と叫ぶ。
行ってみると次男が小さい手を
差し出していた…。




P1210388.JPG

あっ!




P1210402.JPG

どうなんだ??
ホワイト?幼体?
幼体にしてはメス模様がはっきり
してるし…。




P1210407.JPG

比較するとホワイトっぽいけど…。


しかし、素晴らしい観察眼だな!
玄関先にいたらしいが、
普段から生物に目をやるってのは
大切な事だし、オヤジとしても嬉しいね!


夏休み早く来ね〜かな〜!(笑)


posted by yana at 23:13| Comment(2) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

シーズンイン!


やっとこの時期がきた。
セミやバッタの時期が終わり、カメへの
生餌供給が止まってしまったが、これで
また新鮮なエサが与えられる。




P1180380.JPG

もう少し寒さが増せばより多く
採取できるかな?
キープも楽だし、凄く優れたエサだと思う。


さて、日曜は都内まで
テラリウム用の植物狩りに行くかな!


posted by yana at 01:40| Comment(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

注意事項


ダンゴムシを増やして無限供給などと
考えたのは甘かった…。

この季節の持腹のメスを採取すれば、
勝手に幼生?がメスの腹を割り出てくる
のだが…。




P1150267.JPG

白いツブツブは全て子供。
だがこれは生れた数の半分以下。
では、残りはどうなったか??

見てわかるように、
成虫(って言うのか?)が登れない
ケースの立て壁を幼生は登ることができ、
小さな隙間から脱走したのだ…。

ケースの周辺に大鋸屑(オガクズ)が
散らばってると思い掃除したら全て幼生だった。
湿度のないとこでは長生きできないらしい。




P1150269.JPG

注意事項
ダンゴムシはやたらと増やしてはいけない!
幼生は脱走するぞ!!(爆)





posted by yana at 00:59| Comment(4) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする